ブラックトライアングルに対するレストレーション

みなさんこんにちは!有楽町・銀座・日比谷のオフィス街の中心で診療を行っている福石歯科医院です。

歯医者さんで

『ブラックトライアングル』

という言葉を聞いたことがありますか?

歯周病や歯列矯正・加齢などが原因ではと歯の間の歯肉が退縮して、三角形の空間ができてしまい、そこが黒く映るために『ブラックトライアングル』と呼ばれています。

今回のケースは、かみ合わせなどにより局所的に歯肉が退縮しブラックトライアングルができてしまい、歯頸部露出による知覚過敏を主訴で来院されました。

この状態だと、食べ物や歯石が溜まりやすく、今後、むし歯になってもおかしくありません。

もちろんダイレクトボンディングによる修復を行いますが、このようなケースの場合は、修復物が透けてしまうと暗く映ってしまうことを考慮し、4種類のコンポジットレジンを使用して充填を行いました。(今回は歯質を全く削らずに修復を行いました)

この修復によって、知覚過敏は消失し、歯ブラシの後にインターデンタルブラシ(歯間ブラシ)ではなく、デンタルフロス(糸ようじ)でケアーすることが可能になりました。

歯肉退縮によって生じた歯間乳頭が回復してくるかもしれません。(それを期待しています。)

このブログを見た後、ちょっと鏡の前で歯だけではなく、歯の間の歯肉の形も見てみませんか?

福石歯科医院ホームページ http://www.f-dcdirect.com

はい、福石歯科医院です。院長は私ですが・・・ブログ http://blog.goo.ne.jp/kotojun2019

#ボンディングシステム #ダイレクトボンディング #むし歯 #ミニマムインターベンション #コンポジットレジン #福石歯科医院 #銀座 #中央区 #千代田区 #しみる #知覚過敏 #有楽町 #むし歯治療 #東京都 #ブログ

お知らせ
アーカイブ

当ホームページに掲載の文章・イラスト・写真の無断掲載はご遠慮下さい
すべての著作権は福石歯科医院に帰属します

Copyright(c)2001-

Fukuishi Dental Clinic. All rights reserved.

 

03-5537-0460

Tel