ミニマル

インターベンション

コンセプト

Minimal Intervention Consept

MI(ミニマル・インターベンション)とは、むし歯の治療において、健康な歯質を極力削らず、侵された歯質のみを除去し、歯質や歯の神経(歯髄)にできるだけダメージを与えず、歯を保存していくという治療方法です。

審美的・機能的に歯科材料で修復することによって、元の歯の形を回復し、再びむし歯にならないように予防をして行く目的があります。

Case Presentation

↓をクリックして進めてください

No.1
No.1

術前。金属の入っている歯との間にむし歯ができています。歯の清掃不良に加え、歯の形態も原因と考えられます。

press to zoom
No.2
No.2

ラバーダム防湿(青いシート)をしっかりと装着し、健康な歯質はほとんど切削することなく、むし歯のみを除去しました。 ちなみに、健康な歯質を切削しない限り、ほとんど痛みを感じることはありません。

press to zoom
No.3
No.3

歯の表面をプライマーという処理剤で清掃します。

press to zoom
No.4
No.4

歯の表面にボンディングという処理剤を塗布し、歯面と修復材料(光重合型コンポジットレジン)との接着を可能にします。

press to zoom
No.5
No.5

特殊な器具を装着して、充填していきます。

press to zoom
No.6
No.6

光重合型コンポジットレジンを充填していきます。

press to zoom
No.7
No.7

元の歯の形を忠実に再現していきます。

press to zoom
No.8
No.8

綺麗に研磨をして完成です。No.1と比較して、汚れが溜まりやすい溝を無くした形態にしました。

press to zoom
No.9
No.9

隣の金属も外して、このように天然歯と変わりないようにしました。

press to zoom
1/1

↓をクリックして進めてください

前歯のむし歯治療
前歯のむし歯治療

前歯の間に詰め物がしてあり、劣化に伴うむし歯と歯肉の腫脹が認められます。

press to zoom
前歯のむし歯治療
前歯のむし歯治療

ラバーダム防湿(青いシート)でしっかりと保護した上でむし歯の除去を行います。その際も、健康な歯質を極力削らず、歯髄(神経)などにダメージを与えないように進めていきます。

press to zoom
前歯のむし歯治療
前歯のむし歯治療

光重合型コンポジットレジンでしっかりと充填を行います。

press to zoom
前歯のむし歯治療
前歯のむし歯治療

充填後研磨を行い、治療は終了です。 歯との境目がわからないようになりました。 このようなケースは充填しても透けてしまって暗くなってしまうことが多いのですが、特殊な充填方法で改善されます。

press to zoom

NEW!!

↓をクリックして進めてください

奥歯のむし歯治療
奥歯のむし歯治療

歯の間が黒くなっています。明らかなむし歯です。そんなに大きなむし歯のようには見えませんが・・・

press to zoom
奥歯のむし歯治療
奥歯のむし歯治療

実際にむし歯で犯されたところを取り除くとこんなに大きくなっていました。

press to zoom
奥歯のむし歯治療
奥歯のむし歯治療

コンポジットレジンという詰め物をするのに、歯面処理剤を塗布します。その際、隣の歯につかないよう白いカバーをします。

press to zoom
奥歯のむし歯治療
奥歯のむし歯治療

同じく歯面処理をします。この青いシート・ラバーダムシートで防湿といいます。詳しくはサイト内をご覧ください。

press to zoom
奥歯のむし歯治療
奥歯のむし歯治療

歯の間に詰め物をするときは、3つの特殊な器具で固定をします。

press to zoom
奥歯のむし歯治療
奥歯のむし歯治療

詰め終わりました。術前やむし歯を除去した写真を見れば、どこを治したか分かりますが、この写真だけだとわかりませんよね。

press to zoom