インダイレクト

レストレーション

Indirect Restoration

みなさんこんにちは!有楽町・銀座・日比谷のオフィス街中心で診療を行っている福石歯科医院です。

ここでは、インダイレクトレストレーションについてご紹介いたします。

 

福石歯科医院でのむし歯治療は、極力健康な歯質を削らず、むし歯で侵された歯質のみの除去を行うミニマムインターベンションのコンセプトに基づいて行っております。治療時の痛みも最小限に抑える方法です。

 

しかし、もともと装着してある金属のむし歯が広範囲に広がっていたり、かみ合わせや残っている健全歯質の量が少なく、ダイレクトボンディングでの治療が困難な場合にインダイレクト(間接修復)を行います。

 

型取りをして、模型上で修復物を作成し、口腔内に装着する方法です。

Case Presentation 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンポジットレジンインレーによる修復処置

Case Presentation 2

メタルオンレーによる修復処置

MR 1
MR 1

修復物の脱離で来院。中は黒くむし歯になっています。

MR 2
MR 2

ラバーダム防湿を行い、術野の確保を行いました。

MR 3
MR 3

ミニマルインターベンションにもとづいて、むし歯のみを除去し、健康な歯質は極力残しました。しかし、残存する歯質が少なく、かみ合わせや歯の位置等も考慮し、かみ合わせの面のみを覆うような形で修復することにしました。

MR 4
MR 4

かこいをしっかりと行います。

MR 5
MR 5

形態修正を行いました。

MR 6
MR 6

型取り(印象採得)を行い、石膏模型上で作成したメタルオンレーを装着したところです。