MTAセメントでの

歯髄保護

(In)direct Pulp Protection of MTA CEMENTS

 みなさんこんにちは!有楽町・銀座・日比谷のオフィス街中心で診療を行っている福石歯科医院です。

ここでは、歯の神経をいかに残してむし歯の治療を行っているかということについてご紹介いたします。

 

 MI(ミニマル・インターベンション)とは、むし歯の治療において、健康な歯質を極力削らず、侵された歯質のみを除去し、歯質や歯の神経(歯髄)にできるだけダメージを与えず、歯を保存していくという治療方法です。

 

 そして、我々歯科医師は、深いむし歯に対してもなるべく神経(歯髄)を温存する心掛けで「抜髄」からの患者さんの負担を軽減しています。

 

 この歯髄温存治療において、2007年に日本で認可されたMTA(Mineral Trioxide Aggregate)セメントは、現在多くの臨床で使用されています。

 

 従来までは、深いむし歯の除去に伴う歯髄を保護する材料として水酸化カルシウム製剤という材料を使用してきたのですが、このMTAセメントは封鎖性が良好な状態でカルシウムイオンを持続的に溶出するため、デンティンブリッジの形成を十分発揮し、抗菌性能も高いことから直接露髄にも十分活用でき、術後の歯髄反応は良好であるとの臨床成績が報告されています。

 

 つまり、深いむし歯を取り除いていると、神経(歯髄)に非常に近くなった、または歯髄が出てしまって、歯髄を取り除く必要がある場合でも、歯髄が近接あるいは露出している部位にMTAセメントを塗布して修復処置をすれば

内部で歯質が補強されて、歯髄を取り除かなくても良い状態になるという優れた材料なんです。

 

 歯の神経・歯髄は歯に栄養を与えている組織です。むし歯などでその歯髄を取らなくてはいけない状況は、その歯が枯れ木のように弱くなってしまうということです。そのためにも、歯髄を保存する治療はとても重要です。

 

 しかし、患者さんご自身も歯髄を取らなくてはいけない状況にならないためにも、歯科医院で予防ケアをしっかりと行うことをお勧めします。

 

何かご質問等がございましたらご連絡ください。

 

 

 

 

Case Presentation

↓をクリックして進めてください

MTA indirect1
MTA indirect1

深いむし歯を除去した状態です。神経(歯髄)は露出していませんが、かなり近接しているので、歯髄保護を行いながら修復していきます。

press to zoom
MTA indirect2
MTA indirect2

歯髄に近接していると思われる歯面にMTAセメントを塗布していきます。

press to zoom
MTA indirect3
MTA indirect3

歯面に処理剤を塗布し、白い詰め物をしていきます。

press to zoom
MTA indirect4
MTA indirect4

歯の内層の象牙質の恋色調を選択し、コンポジットレジンで第1層を充填する。

press to zoom
MTA indirect5
MTA indirect5

エナメル質は透明感のある色調を選択して同様に充填する。

press to zoom
MTA indirect6
MTA indirect6

充填直後

press to zoom
MTA indirect7
MTA indirect7

充填後2週間経過。 痛みなどの症状は全く出ていないため、最終修復としました。

press to zoom