DB case  3-b

術後。全く治療痕もなく、審美的だけではなく、機能的にも回復しました。 歯の先端の半透明から不透明のライン、内層の象牙質の黄色の再現等を数種類の材料を使用して行いました。