DB case1 b

アマルガムとむし歯を除去後、歯の溝(小窩裂溝)や隆線などの形態・ステインなどを付与し、治療痕がわからないくらいの修復処置を行いました。