DB case 2 a

今回は、全く歯を削らず、歯の表面に数色の光重合型コンポジットレジンを組み合わせて充填を行い、隙間を埋めて審美的・機能的に回復いたしました。